10月から11月に行った、南イタリア旅行を綴ります。

前回までのブログはこちらから
Ⅰ Oct2014 NH223便羽田ーフランクフルト ファーストクラス搭乗記①
Ⅱ Oct2014 NH223便羽田ーフランクフルト ファーストクラス搭乗記②(機内食、そして到着)
Ⅲ Oct2014 セントレジス・ローマ(11/12一部加筆)
Ⅳ Oct2014 セントレジス・ローマ②(朝食)

2日目、ローマからアマルフィへ移動です。
2個あるスーツケースの内1個はホテルに預けました。
歩いてテルミニ駅へ、10時発のサレルノ行きに乗車です。



トレンイタリア(イタリア国鉄)、イタリア版新幹線に乗車です。
ローマからサレルノまでの料金ですが、イタリア国鉄のホームページ公式サイトで2か月前の予約で、1等一人40.5ユーロ(発券手数料が1グループあたり5ユーロ必要)でした。
ところが旅行の出発前日に、チケットを印刷した時に、何と日にちを間違えて予約してたことに気づき、予約をやり直し2日前に61.5ユーロで取り直しました。それでも当日よりは安いです。

車内の様子はこんな感じです。1等なので1-2の配置ですね。
2人の旅なので、向かい合わせで席を取りました。



せっかく電車の旅なので、栄養補給しながら行くことに。



ビールとソーセージですが、これをキオスクなんかで買うととんでもない値段しました。
テルミニ駅の地下にはスーパーがあり、そこでは普通の市価で換えるので、そこで購入しました。

お昼の12時少し前にサレルノ到着です。
さてここからアマルフィまで行く方法は2通り
一つは駅前からバス、もう一つは船です。
バスは3.4ユーロ、船は8ユーロで港までも歩いて5分で行くことが出来ます。
一方所要時間は、バスが1時間15分、船は35分です。
船の方が随分と早いですがその理由は後ほど・・・

乗継が悪く、バスは13時15分発、船は14時発までありません。
そうするとアマルフィ着は、バスで14時30分、船だと14時35分に。
バスの方が少し早くて安いのでバスを選択しましたが、これは大きな間違いでした。

まずこのバス、通学のバスも兼ねていて、サレルノに着いた時はすでに満員でした。
すでにチケットも買ってるので、乗るしか無く、何とか大きなスーツケースを持って乗り込みましたが
この路線のドライバーは凄い運転です。
運転が荒いことは聞いてましたが、言葉に出来ない位、半端無く荒いです。
しかも途中から断崖絶壁の海岸線を物凄いスピードで走って行きす。

前に車が居ると、クラクションを鳴らしながら、前方が見えなくても抜いていってしまいます。
信じられない運転テクニックですね。
道幅も狭く、バス同志はすれ違い出来ません(その場合どちらかが広い所までバック)

また絶対に曲がれないだろうというようなスピードで、カーブも曲がっていってしまいます。
すると車内はどうなるか?座っていればいいですが
僕の場合、転がるスーツケースを抑えながら前後左右にひどく揺られっぱなし。

へたな遊園地のコースターよりも心臓は縮み上がりそう。
船の方が早い理由が分かりました(この時点で帰りの船は決定です。)
1時間くらいしてやっと座れました。

どんな所を走るのかやっと写真が撮れました。



そして定刻の14時30分にアマルフィ到着です。
あんな目茶苦茶な運転で定刻て、どんなダイヤしてるんだろ・・・


やっと、アマルフィです。




今日のホテルはここからシャトルバスで20分位言った所、ラヴェッロというところにあり
バスが16時30分に来るので、少し街を歩きます。

アマルフィのドゥオーモ



ここアマルフィは半袖でも大丈夫な位い暑いです。
疲れたので休憩します。



普段アイスなんて食べませんが、暑いせいもあり毎日ジェラートのお世話になりました。


つづく・・・